ワタルのグダグダ演舞録

グダグダと幻想人形演舞‐ユメノカケラ‐について語るだけのブログです。

みなさんこんにちは、ワタルです。
今回はハエおさん主催の「第二回バッティング杯」で優勝という結果を残すことが出来ましたので、自慢と反省をしていきたいと思います。
大会の細かいルール等に関してはハエおさんのツイートを見てください。
今回の自分の提出人形と指名結果はこちらです。
スクリーンショット (12)
指名通すの下手すぎひん???


①第一回指名人形について
・Aさとり
gn_enbu_ss335

↑可愛い。このSは誰との対戦用のだったっけ(痴呆)

嫁枠。Eは競合しそうだしDは自分には使えないしもしAが取れなかったとしても二回目で取れそうだったのでA単独指名。
この人形を使うのであれば音幻歪には強く組みたいところだが、実際は指名段階で結構怪しい。
とてもかわいいしカッコいいし美しい。(最重要事項)
・Aせきばんき
gn_enbu_ss359

提出三日前くらいにこの人形強そうと唐突に思い候補に挙がる。
濃霧発現であれば闇技に関してはそれなりの火力を持ち、御霊信仰なら独自の耐性と多彩な補助技でのサポートができる。
Sしょうなどの有力な光は消えやすそうなこともプラス。
Eレミリアとともに通ればギミック匂わせとしても使えると思い採用。
無事通っていれば簪で殴り合ったりもさせる予定だった。何やってんだ
・Eルナ
gn_enbu_ss333

↑出番のなかった紅リングルナ

治癒力で雑にサイクルに投入出来て一番人気なさそうな人形だと思い(失礼)採用。
とよてんやPときこDこあくまがいなくなりそうだし治癒力持ちによるアドが取れるのではと思っていたが、PときこもEてんしもいた。かなしい
・Dエリー
gn_enbu_ss357

最近ランマチで使って評価が急上昇してた子。
仁王立ち藁によるなかなかの火力と高い耐久力で非常に扱いやすく、後述のSだいようせいとの相性もなかなか良好。
そして不俱戴天の仇Pコンガラもいなくなるし、鉄地では人気はおそらくDしんみょうまるが高いだろうし万全!
……と思ってたんだけどなあ(無能)
・Eレミリア
gn_enbu_ss355

Dエリーと合わせて害悪や受けループに強く出られるよう採用。
大地の一貫こそあるが相性補完もまあ悪くはない。
またAばんきと一緒にいれば相手は嫌でも濃霧を意識するのでその目的でも採用。
Aえいりんは今回は競合するかなと思いこちらに逃げた面もあったが、そんな単純な考えではダメだったようだ。
まあAえいりん指名してても被りはしたので、水毒に手を出した時点で負けと言える。
・Sだいようせい
gn_enbu_ss332

↑出せなかった魘夢型Sだいようせい

こういった大会において一枠は確保しておきたいタイプの人形。
この人形がいるだけで相手は治癒の符、自然人形、無我の境地などの対策を用意しなおかつ6体のうちに入れなければならないと思わせられる。
こちらとしてはPTに入れて更に選出誘導を行ってもよいしPTからは抜いて対応力を高めても良い。
当然隙あらば通して勝ちを狙うもよしの万能人形。
耐性的に自然人形を1体は入れたいという面もあり採用。

・Pドレミー
gn_enbu_ss360

魂の人形。
技範囲が広く両刀出来る対面性能高い人形ということで採用。
こういった型が多くある人形は相手の選出やプレイングも狂わせられるので大会というシーンにおいて特に力を発揮できる。
S130以上の有望株は消えやすいだろうことも相まって是非取りたい人形だった。
・Pあや
gn_enbu_ss361

ちょっと守りに入った指名。
万が一誰かの手に渡ったらかなり厳しいため、バッティングさせる目的で指名。
無論通ったらそれはそれとして大きな戦力になってくれるのは間違いない。
Dドレミーなどの天敵がいないだろう中での活躍は目覚ましいものがあったのではないだろうか。
まあ無事消えたんですけども



対面サイクルどっちつかずの感じで、対応力と汎用性を極力高くしつつバッティングで壊滅はしないように、1回目は全体的に「消えても仕方はないけどまあ消えないといいなあ」くらいのラインにいる人形を多く指名しました。PドレミーやEレミリア、Sだいようせい辺りは消えてもまあ良いかなと思っていましたし、Pあやは消える前提でした。
まさかDエリーが普通に消えるとは思ってなかったので、ここでPTがかなり狂った感じがします。
Aばんきも出来れば残ってほしかったなあ。
ただAさとり、Sだいようせいという選出やプレイングに圧のある人形とEルナという雑にサイクル出来る人形がいたので、第二回でSだいようせいの補佐をしつつそれなりのアタッカーが用意出来ればまあまあ戦えるかなあとは思っていました。自分の8体だけ見るなら。

さて、それではここで第一回終了時の全体の指名人形を見てみましょう。
バッティング

バッティング5

どうして気分屋が2体もいるんですか?(現場猫)
それを抜きにしてもPコンガラEメディスンEキクリがスルーされてたりEゆめこAえいりんEしずはが素通りしてたりノーバッティング達成者いたりなんかもう色々ありすぎて困った。
全体を通して壁+積みの形が指名に多かったので、そこは皆さんがやりたかったことの傾向として見る必要はあるなとは思っていました。まあサグメも慧眼もすでに割と潰されてるんだけども。
さて、基本的にはここから重そうな人をピックして対策になりそうな人形入れて……が基本形なのでしょうが、いかんせん3体しか通せてない以上そんなことを言ってる余裕もありません。
とりあえず戦える形を整えるような指名をしていくべきでしょう。

②第二回指名
・Sレイセン
gn_enbu_ss334

↑某氏との対戦があったら使う予定だった乱射切りレイセン

とりあえず高速でそれなりの火力が出るアタッカーとして採用。
Sりかことかなり悩んだが、既に鋼鉄を多く指名する予定だったことと兵法者属性符による広い攻撃範囲での対応力の高さとメイン技の対害悪におけるゴリ押し性能が高い(確定痛烈or連続技)ことからこちらを採用。
実はEレミリアがダメだったら高速水にシフトしようというのは最初から決めてた(後出しじゃんけん)ので、割とスムーズに埋まった。
・Eえいりん
gn_enbu_ss353

今回の真打。ドヤ顔で指名、そして爆死。
応急処置、冷静沈着という優秀な2種類のアビリティにポイトラが撒け、毒光という優秀な耐性を持ちサイクルで輝き、高コストを無駄にしない良好な種族値で殴り合いもある程度こなせるのに、知名度は低い。
これはいけるのでは???と思い採用。
まあ冷静に考えてこんな見るからに強いんだから誰か取るよネ、知ってた。
多少都合よくてもこの人形は通る前提で他の人形を選んでいた。まあそうでもしないと勝てないと思ってたしそこはしゃーない。
・Pりん
gn_enbu_ss344

真打その2。えいりんりんが通せればかなり行けると思っていた。
アップテンポで上を取って殴れるシンプルな強さに死者で不利対面も無理やり持っていく力を持つ。
頑張れば黒印運用などもできるため奇襲性能もあり、かなり使いがいのある人形だと思う。
この人形が通らなかったのもかなり大きな影を落とした。
・Pようむ
gn_enbu_ss346

チョーカー持ちやすい人形が少なかったのと一応ストーク持ちが欲しかったため採用。
疾風や心眼での使用はあまり考えていなかった。
奮闘ストークで次世代の害悪対策って奴を見せてやると意気込んでいたが無事失敗。
ただ、Sだいようせいの天敵(異常アビ+抜打)なので他に取られたくなかったという面もある。
そういう意味ではバッティングはしたがまあそれで良かった指名なのかもしれない。
・Dしんみょうまる
gn_enbu_ss348

これまた守りに入った指名。
代表的抜打マンのDしんみょうまるとPさくや両者が残っていたのでどうしようか悩んだが、Pさくやは取れるつもりだったPようむで属性受けが一応できるのとこれまた取れるつもりだったEえいりんの存在からDしんみょうまるを消しに行くことに。
途中までPさくやで申請してたので、本当にギリギリでの判断。
結果的にPさくやが自分の手元に来たからよかったが、かなり危ない橋を渡ってしまった。ワタルだけに

こう見てみると大地の一貫がヤバコイルですが、第一回でSだいようせいで止められない上に優秀な大地はあまりいなかったのと(対Sナズーリンはかなり怪しい)、最悪†浮遊石†で何とかなるからだと思います。
決して相性補完無視してたわけじゃないよ、多分。
ここではすでにサイクルより通したいものを通して勝つのを優先させてますね。
Sだいようせいを基本軸として脇を固める形を作ろうとしています。
催眠の通りそのものが思った以上によさそうだったこともありましたね。
そして2回目バッティング結果はこちら。
EmyK9DqVcAEWpdj
EmyK9DrVkAEQ5du
正直、†死†を感じました。Sレイセンしか通らず残り4体はガチャ枠に。
気分屋対策もルナと組めるサイクル要員も集弾アタッカーもぜーんぶ引き当てなければなりません。
相変わらずスルーされるEキクリやコンガラ以外残った鉄闘、黄砂ウーマンズなどなどまだまだ強い人形はいるとはいえ、そんな優秀な人形が都合よく入ってくれるはずが……
EmyUeiBVEAAl4Vr

あ り ま し た
まさかのPさくや帰還に威嚇煙幕のSこがさ、ストークマーダーや死神の舞持ちの闇人形Dパルスィを獲得。
EウドンゲもこのPT随一のチョーカー適性を持ち、高速アタッカーとしての能力は上々。
これで息を吹き返した感はあります。依然としてアタッカーのパンチ力不足にルナ以外のサイクルでの脆弱さ、対害悪の対応力不足はありますが、まあそれを差し引いてもかなりいい抽選結果だったでしょう。ありがとう11点。

③抽選人形達
・Pさくや
gn_enbu_ss339

↑実家のような安心感。
待望の高火力物理アタッカー。
しかし種族値とは裏腹にサイクル戦というよりは対高速アタッカーに強い人形でもある。
無論簪やリングでそちら方面の戦いもできる優秀な人形。
この人形もまた選出や構築レベルでの縛り能力を持ち、さらに基本的にさくや対策はだいようせいが見られ、だいようせい対策はさくやでごり押せる。
相手によって藁かリングか持ち替えて戦えるのもやはり強い。

・Eウドンゲ
gn_enbu_ss340

↑対気分屋等でささやかないやがらせをしたかったマイコンうどん。
ザ・高速アタッカーでチョーカー適性はなかなか高い。
今回は採用しなかったが侵食闇気+応急手当である程度の物理アタッカーを止めることもできるので、そういった使い方も相手を見ればなかなか有効に運用できたかもしれない。
今回は全力全壊チョーカーでの運用が主となったが、毒無効の独自耐性等もありなかなか使いがいはある人形なのだと思う。
・Sこがさ
gn_enbu_ss341

今回のMVP人形。
コルレは外さんわクソ火力出るわでかなり強かった。
基本的に対戦相手に遅い人形主体の方が多かったので黒印での運用がしやすく、楽だった。
今回に限っては「カノンの代わりにアークライトとムーンボウを得たPゆめみ」
と言っても過言でないくらいの活躍を見せてくれた。つよい。
また、煙幕or威嚇を迫れ両簪持つことが出来るこの人形が見せあいにおいてもなかなか強いのは間違いない。
引いた当初はSレイセンと被る面もありどうしようか悩んでいたが、結果的にはこの2体両方に活躍する場面があり、両方いないとダメだったので引けて良かった。
・Dパルスィ
gn_enbu_ss343

↑銀Sこがさとサイクルさせたかった金パル。ルナとの相性もまあまあ。

対気分屋の柱・恨柱様。
Dこころちゃん様を死神で引かせるお仕事やDことひめにリングダークアローで魂の勝負を仕掛けさせるつもりだった。
冶金術持ちの冥闇というレア耐性も併せ持ち、とても扱いやすい。
数少ないサイクルをある程度回してもつぶれない人形なのでサイクル戦では活躍するはずだったが、まあ大方の予想通り対面粉砕が基本だったので決勝のリングアローマン以外目立った活躍はなし。

④大会前~当日
実は第二回指名前にはいかにも第二回指名のために試運転してます感のある偽PTでランマチに潜ったり(おそらく効果はなかった)ことあるごとにSだいようせいの存在をアピールしたりと、盤外戦術に若干精を出していたのですが、まあすべて決定した後にそんな姑息な手段に出る意味もなく。
基本的には人形の育成や型の見直しをしていました。
正味自分にはExcelで表作って要注意人形まとめるとか対戦相手ごとにPT作るとか全く向いてないので、その辺のことはせず対気分屋にはこの人形はこの型にしよう。とかそのくらいの緩い取り決めしかしていませんでした。
そんな状態で迎えた大会当日ですが、まあ当然ロクに対策練られてるはずもなく。
基本的に音が重すぎるため、上からレイセンでひっぱたくか対音さとりで処理するかこがさが頑張るかと言った不利気味のその場しのぎムーブをしなければならないのがきつかったです。
やっぱEえいりん欲しかったよ……
幸いにも藁さくやなどで処理できるレベルの音人形としか当たって選出されてないのが救いでした。
gn_enbu_ss338

今回用意した人形はこのくらいですが、この中の半分も使えてないので、今後のランダムマッチ等で採用していきたいですね。特にSこがさは今回で自分の中での株が爆上がりしたので今後ちょくちょく使いたいなあと考えています。
今大会では試合内容もそうですが、バッティング結果から何から何まで全て運によって勝ち残ってしまった大会だと言えます。
なんだかんだ嫁人形と優勝できたことなどはかなり嬉しく思っています。
このバッティング杯では第一回も第二回もそれぞれ違った形での後悔を残してしまっているので、もし第三回があるならばその時は自分の満足いく形で戦えるようにしたいです。

こんな駄文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
また気が向いたらマイナー人形の考察(と呼ぶのもおこがましい何か)等も書いていきたいと思うのでその時はよろしくお願いします。
それでは。

皆様こんにちは。夏バテ真っ最中のワタルです。
今回は8月30日(日)にOccasionさん主催、とんへりさん日本主催にて行われた第一回幻想人形演舞日韓(韓日)交流戦について、色々なことを書いていきたいと思います。
まず最初に、お二方に韓国解説のくろりんさん含めた運営に携わった方々、参加者の皆様、応援して下さった皆様、改めて、本当にありがとうございました!


選抜戦について ~代表前哨戦~
さて、今回の交流戦に先駆けて、両国で代表を決定するための選抜戦が行われました。
代表の定員が4名で実際に候補となったのが日本側では6名であったため、総当たり戦を行ってその戦績(勝敗、決着時の残り人形数など)上位4名を代表とするという形で行われました。
まずはその選抜戦で使用した2つのPTを紹介します。

・1つ目
gn_enbu_ss324


Dむらさ
gn_enbu_ss298
gn_enbu_ss297

伝家の宝刀ネガD金むらさ。自分は基本この型のDむらさが好きでよく使っています。
HPを絶対に16n̟+1にしたい鋼の意志と、少しでもミッドナイトの反動を軽くしたいという苦肉の策の両方が感じられますね。特に調整先とかいないので、多分ABかHAに割り切ったほうが強いと思います。
主な役割対象はPコンガラ始めとした鉄闘やみんな大好きEひなにEキクリなど面倒な集弾水でしたが、こっちのPTではその辺りの人形と当たらなかったので選出はなし。とはいえ、変毒を意識した立ち回りや選出を強制させる隠された効果持ちなんで、PTに入れてるだけで意味はあったと思いたいですね。

Eてんし

gn_enbu_ss303
gn_enbu_ss304

Dむらさが割と狭い範囲へのメタなので、散弾なら属性問わず広範を受けられる数値受け人形かつ治癒力要員としてEてんしを採用。困ったらファイアウォールが出来る人形は強い。
ときこ等と遭遇せず、火力を必要とした場面はなかったので、CではなくBにそこそこ厚めに振って雑投げ枠にまでしてしまって良かったかも。
Sの6振りは、謎ですミラーやPメルランをある程度意識したものでしたが、結局大して意味はなかったですね。裏目ってばっかりか???
実際の対戦では適当に投げて適当に活躍してくれました。頭悪くても使えるから治癒力高耐久すき

Eゆめこ

gn_enbu_ss305
gn_enbu_ss306

ザ・テンプレ
面倒なのを絶対対面処理する鋼の意志で採用。
Pむらさなどの激戦区であるS80族・85族の準速の上を取りたかったので最速にしたが、そもそも最速対決だと負けてるしさらに実際はそいつらの上を取れて助かった場面はなく、むしろ黒じゃないせいで若干届かないという場面に遭遇する憂き目に合う。運用が下手だった。
選出自体はしたし活躍もしてはくれたが、とてもではないが使いこなせてはいなかっただろう。人形のスペックだけでゴリ押した感じ。

Eえいき

gn_enbu_ss301
gn_enbu_ss302

面倒なのをすべて相手取る枠。
無効化というつよつよアビリティによって抜群の破壊性能を誇る。
懸念されがちな火力も濃密拡散を撃ってる分には申し分なく、ある程度補完の取れたサブも覚える良い人形。
ただ、濃密拡散がないと所詮C90でしかないので、もう一つのメインの歪はあと一歩物足りないし、サブカタストロフィではなく、刺さる範囲は狭いが火力は高い雷帝の方が使いやすいかも。
実際の選出はなかった。

Pりんご

gn_enbu_ss299
gn_enbu_ss300

めんどくさいのを壊す人形、その2
足止めでS操作してきたり催眠技使って来たりを無視して奮闘を積み、ぶん殴る簡単に使える人形。
一応Sしょう等への後投げも考えての採用らしいっすよ、あと極光とかも。
ファイアジャベリンを切ってEもみじやDドレミーを完全に切ったが、まあ結果的にこいつが無理して見に行く必要もなかったので、間違ってなかったと思う。
一応選出はしたが特に何もできず。

Sよりひめ

gn_enbu_ss307
gn_enbu_ss308

めんどいのを倒すやつ、その3
なんか完璧にPりんごとキャラ被ってる気がするが、持ちたいサブも無いので無事奮闘を持つことになった。結果的に奮闘ぶっ刺さったのでゆるして
後に藁雷帝で金ざしEキクリを倒せることを知ったので、多分作り直すなら6Sにしてそうする。
雑にステトラ撒いて雑に奮闘積んで雑に一閃で殴るまさに雑の極みみたいな人形。
1試合ぶっ刺さったので、それだけで採用した甲斐はあったかも。


基本的にはゆるーくEてんしEえいきDむらさでのサイクル回しを目指しつつ、ダメそうならEゆめこSよりひめPりんごで対面からぶっ壊す、というわかりやすいPT。
こちらのPTでは2戦やって1勝1敗でした。負けの1戦も選出次第で返せたと思うので悔しいですね。

それではもう1個のPT。こちらは3戦行いました。gn_enbu_ss325

Sしょう
gn_enbu_ss311
gn_enbu_ss312

い つ も の
説明不要の強人形、Sしょうです。
特に言うことはありませんが、藁でないと火力がやはり物足りないのと、チョーカーの保証の分ごまかせるという考えのもと、紅印にしました。
今回は奮闘ではなく迅雷にし、重めだった水風の処理を多少楽にできるように。
本当に言うことがないテンプレですが、今回は選出はなかったです。

Pしんみょうまる
gn_enbu_ss309
gn_enbu_ss310

これまたテンプレ。ちなみに1戦、滝落ではなく奮闘で使用しました。(その他はそのまま)
特に言うことはないです。しょうの呼び寄せた自然を上から(結構な頻度で下から)叩きのめしましょう。
後は対面から適当に鉄闘水の範囲を押し付けていきましょう。あっDむらさやめてください
今回2試合で選出しましたが、外しはどちらの試合でもありませんでした。えらいぞ
ちなみにNNはとある音楽サークルさんの東方アレンジ曲が元ネタです。
めっちゃいい曲だし、YouTubeで公式が公開しているので興味があったら是非聞いてみてください。
この曲を含めたサークルさんの人気上位曲が沢山入ったCDも今年発売されたらしいぞ!(露骨な宣伝)

Eすいか

gn_enbu_ss321
gn_enbu_ss320

Sしょうで呼んだ自然を(ry
テンプレ……ではない。
間欠泉でなく火燕舞踏を採用。理由としては、Eわかさぎなどの存在があります。
今回のこのPTは対面構築をベースとしてとにかく対面で勝つことを重視していたので、上から殴るのを全部ひっくり返して破産させてくるわかさぎは脅威でしかないからです。
ファイアウォールだと残念ながらすいかはわかさぎに勝てず、また黒印藁の火燕舞踏なら、余程Dに厚く振られてない限りは結構な確率で飛ばせるためこのような処置になりました。
今回のこの人形の役割はとにかく遅い相手を絶対に破壊することであり、カノンも舞踏も撃つべき場面はあったので、結果的に正解だったと考えています。2戦選出。

Eキクリ
gn_enbu_ss314
gn_enbu_ss315

テンプレ。
Sじゅんこと極光とPコンガラ始めとした相手の鉄闘が重いので採用しました。
マジで言うことがない。終わり!

Eときこ

gn_enbu_ss316
gn_enbu_ss317

めんどくさいのを見る枠。あとちょっとした反省枠。
今回、若干サイクルを意識して迅雷を採用してましたが、PTの性質的にポイボにしてわかさぎに後出しが一応効く(玄武なしの状態からなら)ようにしたほうが良かったかもしれません。
無効化の扱いやすさもあり3試合すべてに選出しましたが、些か使用感に関しては微妙な感じでした。
自覚に関してはものすごくあったので選抜戦のキーマンではあったのですが、ちょっと釈然としない。
無論使用者の腕の問題が大きいのですが……

Eみま
gn_enbu_ss318
gn_enbu_ss319

※大会中は焼けた石持ってました
選出できず。反省枠
上から適当に殴れて催眠とかの対策位の軽いノリで入れた人形なのですが、冷静に考えて耐久や優秀な耐性があるわけでもないこのPTでいつ焼石発動させんだと。結果的に迅雷でつなぐ役目をEときこに任せる一因となってしまいました。こういう人形はちゃんと出せる場面を作ってやらんと。
相手の異常技の対策ならもっと耐久があり単体で発動まで持っていきやすく先制技持ちのPかせん・Pメルラン等の選択もあったと思うし、Eみまという人形のパワーがそれなりに高いからとそれに甘え切ってしまっていた感は拭えません。
別にこの枠が原因で負けたとかそういう直接的なことではないんですが、自分のPT構築が甘いという事実の再認識が出来ました。
あ、ちなみに画像で鳥兜持っている理由ですが、謎です
今回大会前にスクショを取り忘れていて、スクショ撮るために解散していた選抜戦PTをわざわざ再結集させたのですが、その際既に焼けた石を他の人形に渡してしまっていたようでみまが持っていなかったため、急遽手持ちにあった鳥兜で代用したためです。買えや



両PTとも、強人形のパワーにおんぶにだっこでなんとか戦っていたという感じです。
それでも一応選抜戦は3勝2敗とかなりギリギリですが勝ち越すことが出来たので、結果的にではありますが良かったです。
本戦では、2つ目のPTをベースに戦いました(大嘘)

さて、この選抜戦でしたが、メッチャ楽しかったです。
普段では何が何でも勝ちに行く、というよりかは使いたい人形を使う機運が強い(というか、自分もそういう戦い方をすることが多い)環境の中、参加者一人一人にメタを張ったPTを作った方等がいたりもして、普段より緊張感をもった良い試合ができたと思います。
二人とはいえ、自分が蹴落とした結果代表に入れなかった人の存在というのも、交流戦当日には良い感じに感情を高ぶらせてくれ、よりよいパフォーマンスに繋がったかなと思いました。
これは交流戦本戦や国内での大会にも通じることではありますが、絶対に負けられない戦いというシチュエーションはやはり燃えるものがありますね。とか終わった後なので言ってますが、実際交流戦当日は吐きそうなくらい緊張してて楽しむ余裕とかほとんどなかったです。
正直この選抜戦の存在が発表された当初は、「この方式で4人集まるんかなあ……?」とか大変失礼なことを考えていて、実際自分の参加は6人の中で1番遅かったのですが、改めて考えると、選抜戦が今回の大会全体を通してかなり大きなイベントであったと自分は勝手に思っているので、実施していただいたとんへりさんには感謝しかないですね。



交流戦の9体選出とポジションについて ~交流戦0回戦~

今回の交流戦においては、4対4の団体戦であり、それぞれ先鋒・次鋒・中堅・大将として相手の先鋒・次鋒・中堅・大将と当たるというルールです。
そして対戦の前に、お互いに9体の人形を提出し1体ずつお互いの人形を指名して除外し、残った8体を自由に編成して3戦(中堅は6-6の1戦のみ)行う。というルールでした。
もっと細かい正確なものに関しては、大会主催者のOccasionさんのTwitterに残っていますのでもしよかったらそちらをお読みください。
今回選抜戦が終了した時点から、いえ、選抜戦終了前から代表に残れたらこうしようと考えていたことがあって、それは、自分が先鋒に立候補することです。
これは自分のプレイスタイルの問題で、まずこういった団体戦の特に初戦は、テンポや勢いがとても大事だと自分は考えています。
上のPT二つを見ていただければわかる通り、自分は基本短期決戦を好んでいるため、勝つときも負けるときも試合時間は短くなりがちです。
そこで、勝ったらスイスイとテンポよくいけて負けたとしてもあまり引きずらないさっぱりした負け方をしやすい自分は、割と先鋒に向いているのではないかと考えていたためです。(自分で言うな)
実際自分が立候補する前に、わりかし似た理由でとんへりさんが先鋒をやってみてはどうかと言ってくださったので、快諾しました。なお実際はDドレミーに頼りきりでテンポもクソも無かった模様
さて、実際に提出した9体はこちら。

Pしんみょうまる
Sしょう
Eすいか
Eときこ
Pサグメ
Sエリス
Dドレミー
Eメディスン
Eキクリ

先程の2つ目のPTをベースに、先鋒としての自分の役割をきちんと果たせるように対面に強いメンバーと万能受け兼BAN釣り枠としてDドレミーを選択。PサグメSエリスと害悪対策を2枚用意したのは、気分屋やカモフラなどに対策札がBANされるのを恐れてBAN枠を使うといった事態を避けるため。
対する韓国側の先鋒、touhouさんの9体はこちら。

Eヘカーティア
Pむらさ
Pさくや
Pてんし
Sふと
Eしずは
Pあや
Eみま
Eひな

正直、出た瞬間割と「やらかしたなー」感がありました。
何消しても割と辛いんですよねこれ。
PむらさPさくやを受けきるのにDドレミーEキクリは必須、Sふと・Eみまの処理がキツい等々。
Eひなも明らかにパワーの高い人形。(3戦とも出てきませんでしたが)
主力として使う気だったSしょうPしんみょうまるはあんまり刺さってないし、Sエリスはほぼ腐ってるし(仕方のない枠ではあるんですが)
どうするかかなり悩んだのですが、今回はとにかく3戦で2勝以上すればいいということで、色々やってきてかつパワーもそこまで低くないEヘカーティアをBANすることにしました。Pしんみょうまるの通りを少しでも良くしたかったというのもあります。なんとなくお相手はPあややPむらさ、Pさくやの通し良くするDドレミーかEキクリ消しに来るんじゃないかなーと思ってたので、あわよくばEときこの通し良くできないかなとも思ってましたが、見事にEときこ消されてました、南無
というわけで、結果。

Pしんみょうまる
Sしょう
Eすいか
Pサグメ
Sエリス
Dドレミー
Eメディスン
Eキクリ
vs
Eみま
Pあや
Eしずは
Pさくや
Eひな
Sふと
Pてんし
Pむらさ

となりました、いやーきついっす(素)


実は、touhouさんとは過去に数回ランダムマッチで対戦したことがあるのですが、その時にはEまりさやAミミる~などを使った玄武を使っていらっしゃったんですよね、それでひょっとしたらそれに準ずるPTで来るのかなーなどと考えていたのですが、かなり甘かったですね。
ということで、先鋒戦第0回戦とでも言うべき9体選出+BANでは、自分は一歩遅れる形となってしまいました。
結果的にEメディスン、Dドレミー、Eキクリと強人形達が残っていたのでなんとか運にも助けられつつ戦うことが出来ました。
短期決戦どこ行った???????


交流戦当日
についての細かい話は、YouTubeにOccasionさんが投稿していらっしゃる動画や今後出る可能性の高い日本側のまとめ動画を見ていただいた方が早いと思います(露骨なぶん投げ)
結果だけ言うと、Eメディスン最強!!!!!!
って感じでした。大将戦の決め手もEメディスンだったし極光JAPANかつEメディJAPANでしたね!

真面目な話、Eメディスンってこんなに心強かったんだなあって思いました。Dドレミー含め、トップメタなんだから当たり前だろと言われたらその通りではあるんですが……
今後もどんどん使っていきたいですねえ。
あと、選抜戦での話ではありますが、Sよりひめもなかなか好感触でした。
「抜打あればな~」なんていつも冗談半分に言っていましたが、無くてもまあ普通に強かったです。
流石にA130S120は伊達じゃない。
あとは火燕舞踏Eすいかも、カノンとは見られる範囲がまた結構変わるのでちょっと掘り下げてみたいなあとは思いましたね。

しかし、実際の交流戦中は周囲の方に助けていただいてばかりでした。技選択や選出等ほとんどをおんぶにだっこで考えていただいた状態だったので……
もっと自分の力を高めて、他の方に迷惑をかけないようにしたかったですね。
ほんと、日本代表みんなで掴んだ勝利だったと思います。

さて、優勝賞品の「威張る権利」をまだ明確には使用してなかったので、今この場で使ってしまいたいと思います。
自分は最高のメンバーの日本代表に所属し、勝利をつかむことのできた、とんでもない幸せ者です。
やったぜ!!!!!!!!
このことを誇りにしつつ、また日々精進していきたいです。

こんな駄文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
すっかり放置してますが、マイナー人形の事とかもたまに考えてるので気が向いたら読んでやってください。
それではまた。


今回は8月10日(月)(山の日)に開催された山の日記念杯で、なんと優勝という結果を残したという自慢と、8月15日(土)に開催された被り禁止タッグ杯で初戦敗退に終わった自虐を同時に行いたいと思います。

1 山の日記念杯
大会PT(Twitterにもあるよ)
Pわかさぎひめ蒼H64B64S2@龍神☆吸音 フェアダン/応急/山崩れ/無限音階

山崩れ枠1
今回のエース、決勝で大活躍した。
他に特に言うことはない。
Aちぇん碧H64C2S64@大盾☆逆風 クローム/山崩れ/エンカレ/ブレソン

山崩れ枠2
今回のチート人形。相手の山崩れを止めて山崩れする役目だったが、
実際は選出画面での抑止力程度にとどまった。
当初ピアス得意分野で使おうとしてたらしい。
その名残で1戦エアレイドのまま使ってしまった。
Pりか紅A64C64S2@チョーカー☆硬鋼 オーバーラン/雷帝/急襲/逆境根性

パンジャンドラム。対面性能高くて雷が撃てて、かつチョーカー壊れた後は山崩れ1発でほぼ殺されてくれるか勝手に退場してくれる人形を探した結果こうなった。
Pりかこでいいじゃんと1123262852523827回くらい思ったが、
この子の急襲×2のおかげでぱやに勝てたので採用して大正解だった。みんなも使おう!
Eしずは紅H2A64S64@ベルト☆突貫 煉獄/飢餓/チェンリン/グラリベ

ベルトゴリラ、てんぷれ
選出はしたが、あまり活躍させられず。
山の日杯なんだから山崩せという神の指示だったのだろう(適当)

Pマミゾウ紅A64C2S64@藁☆妖怪変化 エルモ/シュープレ/キリング/山崩れ

山崩れ枠3。
目の上のたんこぶDドレミーを山崩れで崩せるので良いかなと思ったが、
選出できんししたら活躍させられず初手で処理されていた、かなしい
Aひな碧A64D2S64@リング☆エアクッション 毒濁/チェンリン/閃雷/飢餓

Eひなの代わり。
……では一応なく、雷打点持てて捕まらない人形が欲しかったので採用。
そのままだと殴るのには火力が足りないのでリング。
それなりの活躍を見せてくれた。

正直そんな普段の環境等にマッチした環境下でのPTではないので、
そんな長々書こうということもないですね。
運が良かった。
自慢兼PT報告、終わり!






2 被り禁止タッグ杯について

書くこと、なし!w
以上!閉廷!皆解散!
って感じですが、せっかく考えたPTなので紹介しときます。

Pしんみょうまる紅AS@魚鱗
菊水/捨命/奮闘/帰燕
て ん ぷ れ
選出なし!
まあ強い人形では間違いなくあるので、出番があれば活躍したと思う。

Dサグメ黒HC@浮遊石
迅雷/盗電/ポイボ/玄武
反省枠。もうちょい耐久に振っておくべきだったなあと思う。
ルーザーズの方でもそれでちょっと重くなってしまった人形がいたので、うーん

Eわかさぎ黒BC@鉄下駄
四神/アブゾーブ/玄武/毒符
毒符で Eまりさは たおせない
おわり

Sすみれこ黒CS@ベルト
弾幕乱舞/インスティ/デクレ/ギガン
自信をもって投入したが、正直使い方があっていたのかは自信なし。
最速でよかったんかな?

Aちぇん碧HS@大盾
エアレイド/土石/エンカレ/ブレソン
大盾ちぇん。これに関しては使い方が悪かった。
サグメとのコンビを期待してたのだが、うーむ……
弱い並びではなさそうなのでブラッシュアップしたい、する。

Pみま紅AS@スギライト
離散/オバレ/奮闘/破滅
害悪対策枠ですが、害悪と当たる前に負けてしまった。
選出なし。

使う人間が悪い、以上!
……で済ませるのは簡単ですが、まあそういうわけにもいかず。
今回、リングが結局3パーティ目まで余ってたり、かなりガバガバでした。
もっとやりようはあったかなとは思いますが、まあ終わった話ですしなんとも……
まあわかさぎしんみょうまると使っておいて負けてるようでは……
と、考えるとまあ無限に課題は出てくるしここに書くべきことでもないですね
でも、今回の結果を踏まえて、また精進していきたい次第です。


うん、まあ、その、つまり何が言いたいかというと。

次回は絶対勝つ!!!!!!!!!!!!!!
……ところで、次回大会いつ??????

↑このページのトップヘ